ごぼう茶を飲んで、妊娠中のひどい便秘とむくみが解消しました。

注目

ごぼう茶

ごぼう茶を飲むようになった理由は私が第一子妊娠中、ひどい便秘とむくみに悩まされたからです。

妊娠をするとホルモンの関係で体に水分を溜め込めてしまい、

便秘やむくみの症状が出やすいと聞いていました。

いざ自分が妊娠してみると、

便秘による下腹部の膨満感や、

むくみによる足の気怠さなど、

妊娠前は経験したことがない辛い症状に苦労しました。

妊娠中ということで、便秘薬等の薬を飲むこともできず、何とか食物繊維を食事でとるように心がけたり、むくみを解消するストレッチを行うなど努力はしていました。

しかし、なかなか続かず、一向に便秘やむくみが解消されませんでした。

そんなある日、健康マニアの母に便秘とむくみについて相談したところ、

ごぼう茶が便秘やむくみによく効く

ということで、実家よりごぼう茶を1パック分けてもらいました。

母によると、ごぼう茶は妊婦が飲んでも安心なノンカフェインで、食物繊維の一種であるイヌリンという成分がたくさん含まれているそうです。

このイヌリンは野菜に多く含まれる植物性の食物繊維で、善玉菌を増やし、腸内環境を正常に整えてくれる働きがあるそうです。

妊娠中は子宮が大きくなることで、消化器官である腸のぜん動運動が鈍化してしまいがちなのですが、イヌリンはこのぜん動運動も活性化してくれるということでした。

さらに、このイヌリンはむくみにも大変効果的で、体に余分にたまっている水分を取り除いてくれるそうです。

私は、半信半疑でごぼう茶を飲んでみました。

ごぼう茶は味にクセや苦みがなく香ばしい風味で思っていたよりも飲みやすい味でした。

ごぼう茶

ちょうどコーヒーや紅茶、緑茶などカフェインが入っていた飲み物を控えていたので、普段のお茶代わりにごぼう茶を日常的に飲むようにしました。

そして1週間位、ごぼう茶を飲み続けたある朝、それまで5日に1回くらいだったお通じが毎日出るようになったのです。

また、毎日仕事から帰ると足のむくみがひどかったのが、まるでお風呂に入った後のようにすっきりしているのが分かるようになりました。

確かに、ごぼう茶を飲むようになってから頻繁にトイレに行くようになったので、体に溜まっていた水分が利尿効果により外に出ていたのかもしれません。

ごぼう茶は身体にも良く、妊娠中も安心して飲めて便秘やむくみを解消できる、妊婦さんにもおすすめの健康茶だと思います。

ごぼう茶は自分で作ることもできるようですが、めんどくさがりの私は通販で購入して飲んでいます。

400円の送料無料でお試しセットもあるので、ごぼう茶に興味のある方は一度試してみるといいかと思います。

>>ごぼう茶をこちらから買いました。







私はごぼう茶を飲み始めて、お通じがよくなり体重が3キロ減りました。

注目

ごぼう茶

友人宅でのママ友パーティーでダイエットの話題になったときに、ごぼう茶のことを始めて知りました。

ごぼう茶って今までしらなかったんですが、食物繊維が多くダイエットの効果が高いようですね。

お茶でダイエットができるのならとても簡単だな~と思ったので、一度始めてみることにしました。

まず、ごぼう茶ですがカロリーが低いお茶になっています。

カロリーを気にする人には、ほぼカロリーゼロというのは魅力的だと思います。

ごぼう茶はアンチエイジング効果が高いというのも、魅力的です。

お茶を飲むだけでアンチエイジングになるなんて!!まさに一石二鳥だと思いませんか?

しかし、気になるのがなんといっても味ではないでしょうか。

私も、初めて飲むまではごぼうでしょ?と思っていたんです。

実際に買ってみました。

私が買ったごぼう茶はこんなごぼうが入っていました。

ごぼう茶中身

封を開けるとごぼうの香りがしてきました。

そのままごぼうです。

ポットにごぼうを入れて、

ごぼう茶ポットに入れる

熱いお湯を注ぎました。

お湯を注ぐ

ちょっと蒸らして

ちょっと蒸らして

コップに入れると

黄色いごぼう茶です。

飲んでみると、そのまんまごぼうの味でしたが、

思っていたほどのくせはなく飲みやすいほうだと思います。

サポニンという成分がたくさん含まれているお茶なので、ごくごく飲むような飲み方はしてはいけないということなので、めちゃくちゃ飲みやすい!とう味ではないほうがいいのかもしれませんね。

実際にごぼう茶を飲んでみての感想ですが、

まずお通じがよくなりました。

私は日ごろからとても便秘がちだったのですが、毎日ごぼう茶を飲むようになり、毎日きちんと出るようになりました。

また、ごぼうに含まれるイヌリンには小腸からの糖の吸収を遅らせる働きがあり、肥満の改善に効果があるそうです。

そのせいか、

体重が3キロもおちました。(^O^)/

これは嬉しい効果ですね。

体が軽くなるのが実感できました。

不要なものを排出するから、体重が減る=ダイエットにつながっています。

ダイエットをしていると言う意識をもっているので、間食がなくなったのも効果がでた1つかな?と思っています。

エイジング効果はまだ実感としてありませんが、ごぼう茶をお茶として飲むことは苦でではないので、これからも続けて行きたいと思っています。

ごぼう茶は自分で作ることもできますが、私はめんどくさいので、通販で買っています。

>>ごぼう茶をこちらから買いました。







ごぼう茶はダイエットの効果がありました。

注目

ごぼう茶は健康に役立つということはよく知られています。

体内のバランスを整えて、自然なダイエットとしても女性を中心にして多くの方から注目されています。

ごぼうに含まれる栄養素が含まれている上に脂肪分や糖分がほとんど含まれていないのでノンカロリーで健康に役立つ飲料として親しまれています。

ごぼうは体内環境を良くするという点でも非常に効果のあるものだそうです。

こうしたごぼうのような自然の成分を活用したものは、短期的な効果はなかなか見られませんが、飲み続けることによって痩せやすい体質を実現することが可能になってきますので、長期的な意味においては大きなダイエット効果が期待できるそうです。

ダイエットというと一般的に少なからず体への負担がかかることが懸念されるものでありますが、ごぼう茶を毎日飲んで健康的な食生活を維持することで、体への負担もほとんどなく自然なリズムで痩せていけるというのは、ダイエットに対してあきらめてしまっているという方にもお勧めできる内容であると思います。

また太りやすい体質の人は比較的に体が冷え症である傾向あって、体の基礎代謝機能が低下してしまっているという要因も関連していると考えられるそうです。

毎日、暖かいごぼう茶を摂取することによって、身体の基礎代謝のバランスも整えることが可能になってきますので、冷え性を克服して体脂肪を燃焼しやすい体になることも可能になってくるのです。

ごぼう茶は自分でごぼうを買って来て、自分で作ることも可能なようですが、市販でも売っているので、私はそちらを買ってみました。

(愛知県 りょうこさん)

>>ごぼう茶をこちらから買いました。




妊娠中にごぼう茶を飲み便秘の悩みが解消されました。

第1子を妊娠中、お医者さまからカフェインの摂取に注意するように言われ、紅茶大好きな私は何か代わりになるような飲み物はないかと探していました。

そんな時ネットでおすすめされていたのがごぼう茶でした。

ごぼう茶はノンカフェインで食物繊維豊富、おまけに抗酸化作用のあるサポニンという成分も入っていて美容効果も高いということなのでさっそく試してみることにしました。

自分でごぼうを干して作るという方法もあるらしいのですが、ちょっと面倒そうだったのでパック入りのごぼう茶を購入してお湯で煮出して作りました。

正直飲む前はごぼう茶ときいて味には期待していなかったのですが(ごぼうあんまり好きじゃないし…)、意外にのみやすく、食事にも合うしホッと落ち着くような優しい味でした。

とりあえずお茶を飲みたい欲求は満たされるので1日に3杯ほど飲み続けていると、しばらく経ってうれしい効果が次々と現れ始めました。

まず、妊娠してからずっと悩んでいた便秘が改善されたこと。

妊娠中なので市販の便秘薬をのむわけにもいかず、力を入れてふんばるのもお腹に負担がかかって怖いのでかなり悩んでいたのですが、ごぼう茶を飲むようになってからは力を入れていきまなくてもするっと出るようになりました。

あと、個人的な感想としては、食欲が少し抑えられるような気がします。

つわりがおさまってから食欲がとまらず、ついつい食べすぎてしまって体重が増加し、お医者さまにいつも注意されていたのですが、ごぼう茶を飲んでいるとなんとなく気持ちが落ち着いて、間食したい気持ちや甘い物が食べたくなる欲求があまり出てこなくなりました。

お肌の調子も良くなったこともあって、出産後の今でも毎日ごぼう茶を飲み続けています。

便秘で悩む女性や、特に妊婦さんには良いことずくめなので、すごくおすすめです。

(北海道 あんきもさん)




ごぼう茶にはサポニンが含まれ、老化を防ぐ効能はすごいよ! 

お茶と言えば、やはり、コーヒーとか、紅茶という方が多いと思います。

やはり、私の職場でも、食後にコーヒーを飲んでいる人が一番多いし、一日で、3杯も4杯も飲むという人もいます。

そんな中であまり知られていないのが、ごぼう茶です。

ごぼうと聞くと、かき揚げや、きんぴらごぼうとか本当においしい野菜です。

このごぼうを使ったごぼう茶には、思いもかけないような効能があります。

ごぼう茶の一番は、若返りの効果があるということだと思います。

私も、61歳になるのですが、特に女性なら、いつまでも若々しくいたいと思いますよね。

ごぼうには、ポリフェノールの1種であるサポニンがたくさん含まれています。

ポリフェノールときけば、赤ワインのイメージがワイン好きの私には強いのですが、赤ワインだとついつい飲みすぎてしまいがちです。

でも、このごぼう茶なら、冷たく冷やして飲んでも、温かくてもとてもおいしく飲めます。

もちろん、たくさん飲んでもへっちゃらですよ。

老化はの主な原因は、酸化と言われていますが、ごぼうに含まれているポリフェノールには、肌や、体内の細胞の老化を防いでくれます。

私は、高価な化粧品よりも安くて、安心して飲めるごぼう茶を食後に飲むようにしています。

私は、マーケットで売られている市販のごぼう茶を飲んでいますが、私の友人は、ごぼう茶を自分で作っています。

きれいにごぼうを洗い、ごぼうの皮に栄養がたくさん含まれているので、皮も使うそうです。

「薄くスライスして、干すのがコツだよ」と言っていましたが、確かに野菜は、干すと栄養が高くなると聞きますよね。

そして、干したごぼうをフライパンで炒るそうです。

なんかとても簡単にできそうなので、私も今度は自分でごぼう茶を作ってみようと思っています。

ごぼう茶を飲み始めて、まだ、1年くらいですが、若返りに良いと言われているこのお茶を飲み続けていきたいと思います。

(島根県 きこちゃんさん)




ごぼう茶を飲んでいつの間にか便秘解消しました。

私はミネラルウォーターを飲むのが苦手で、水分補給はいつもお茶でした。

お茶を作ってないとミネラルウォーターを飲まなくてはいけなくて、ほとんど水分を取らなかったりするので、冷蔵庫には1年中、冷たいはと麦茶や麦茶など特にこだわりはなかったですがお茶屋さんで気になったものを買って作っていました。

いつものようにお茶屋さんでお茶を買おうとしていると、便秘症に効くお茶としてごぼう茶が並んでいました。

ごぼうは普段きんぴらやサラダとして食べるのも好きだし、繊維が多く便秘にも効く野菜と知っていたので、長年便秘症に悩まされている私はとても気になりました。

さっそくそのごぼう茶を買って沸かして見ると、ごぼうを煮たような土のようななんとも言えない香りに、飲めるか心配でしたが冷やして飲んでみるとなんとなくごぼうの香りがするくらいで土臭さはなく、ごぼう好きの私には全く問題なく飲みやすいお茶でした。

1Lを2日間で飲むくらいのペースで毎日飲んでいました。

飲み始めはごぼう茶である事を意識していましたが一箱飲み終わる頃には、そう言えばごぼう茶だったくらいの感覚でした。

そして気が付けば排便が毎日あるようになっていました。

そう言えばごぼう茶は便秘に効くって言ってたな!となくなる頃に思い出し、続けてごぼう茶を飲んでみようと思いまた同じごぼう茶を買って飲むようになりました。

ごぼう茶に変えて2ヶ月、便秘症が改善されたおかげで、体重はごぼう茶を飲み始めてマイナス2kg、嬉しい事はそれだけでなく肌荒れもなくなり化粧のりがよくなり肌が綺麗になったと感じました。

ごぼう茶を飲み始めて、便秘も解消され溜まっていた毒素が排出されたのかむくみやすかった体がスッキリかるくなったと感じるようになりました。

(福岡県 本田まなみさん)




ごぼう茶はダイエットと健康どちらにも効果有りました。

ごぼう茶を母に勧められて飲み始めました。

結論から言うと私は健康面、ダイエット面にとても効果があったと思います。

職場では常に水筒に飲み物を入れて飲んでいるのですが、ちょうど飲んでいた緑茶のパックが無くなったタイミングで母が多めに買っていたティーバッグ入りのゴボウ茶を勧められ、1袋貰ったのがきっかけです。

始めはその独特のごぼう茶の匂い、泥臭さと言うのでしょうか、その匂いに衝撃を受けましたが、私は間もなく慣れました。

これが続くかどうかの最大の分かれ道でしょうね。

このごぼう茶の匂いはダメな人はダメだろうなあと思います。

なんせゴボウの匂いというよりも泥の匂いですから!

さて、ごぼう茶の効果ですが、お通じの改善は一週間程で気が付きました。

もともと正直お通じにあまり悩みは無かったのですが、大体いつも3、4日に1度ほどだったのが1日から2日に1度は必ず出るようになりました。

もともとあまり便秘などの症状は無かったのですが、出るものの循環が良くなったのですから、なんだか体調も良いように感じます。

私の勝手なイメージですが、私の体の場合はある程度蓄積してから排出する仕組みだったのが、食物繊維の効果で積極的に排出するようになったため、体に留めておいても良いことのない毒素などのおなかの中での滞在時間が短くなり、体調に影響したのだと思っています。

具体的にどのように良くなったかというと、疲れが翌日に繰り越すことが無くなったのです!

排便のためのエネルギーなども影響があるんですかね。

ダイエットに関しても、便通が良くなったのも大きいのでしょうが、むくみが無くなったのが嬉しいです。

体全体の循環が良くなったのでしょうか。

座り仕事をしているのもあり、夕方以降のむくの実感がいつの間にか無くなっていました。

体全体的にもいつの間にか痩せてきたので、便通が良くなったこと、夕方のむくみだけでなく常にあったむくみも無くなったことでダイエットに効果があったようです!

飲むだけなのでとにかく継続が簡単です。

このままごぼう茶を続けていきたいと思っています。

(宮城県 HANAKOKOさん)

>>ごぼう茶がこちら購入できます。




ごぼう茶の便秘改善効果で体の中からも綺麗になった気がします。

ごぼう茶は若返り効果と便秘改善で話題になっています。

便秘で長年悩み、下剤の大量摂取や不味い栄養剤での無理やりな方法に愛想をつかした私にとってはお茶を飲むだけでいいなんて素敵な方法、藁にも縋る思いでした。

だけど、ごぼうのお茶ってどんな味なんだろう…?ちょっとおっかなびっくりでしたがこれまで飲んできた不味い栄養剤たちに比べれば!と試したところ、意外や意外、とっても飲みやすくて美味しいんです。

イメージは、本当にごぼうそのままです。

そう書くと土のような味なのかな?と語弊がありそうなのですが、どこか懐かしいようなほっとするような味でクセもそんなにありませんでした。

普段ブレンドされたお茶をお飲みの方なら何の違和感もなく飲める優しい味だと思います。

さて、味の問題はクリアして続けてみた結果…。

なんと、あんなに頑なだった私の便秘が改善されたのです!

元々の便秘と薬などの乱用の影響で、下剤がなければ1週間ほど苦しむのが常だった私でした。

それが、2、3日に1度に飛躍的に改善されました。

確かに健康的な方と比べればまだまだのペースですが、長年悩まされていた便秘が自然由来のもので改善されたのは大きな進歩だと思います。

やっぱり下剤などは科学的な成分も入っていますから、将来のことを考えると不安でしたし…。

そして、便秘改善ともう一つ嬉しい効果がありました。

温かい飲み物を普段から飲んではいましたが、体が自分でもはっきり分かるくらいポカポカするようになったんです。

末端冷え性で冬は手袋や毛糸の靴下が手放せませんでしたが、今では夜でも快適に眠れるくらい心から温まっています。

暑くて寝ている間に足だけ出してしまうこともあるくらいです。

老人性の冷え性で悩んでいた祖母にも勧め、今では2人で仲良く飲んでいます。

今ではごぼう茶が我が家のマスト品になりました。

(新潟県、ひめいちごさん)

>>ごぼう茶をこちらから買いました。




ごぼう茶で詰まりやすい母乳が改善しました。

初めての出産を終えて、すぐに授乳が始まりました。

幸い母乳がたくさん出る体質で、初めはミルクと混合で授乳をしていましたが、生後一か月を過ぎたあたりから母乳一本でいけるまでになりました。

しかし、母乳がたくさん出ることは非常にありがたい事でしたが、その分、飲み残しがあったり、お腹いっぱいになって赤ちゃんに長時間寝られてしまうと、おっぱいがつまってしまうというトラブルが出る様になりました。

特に、食事を少しでも甘いものを食べたり、脂っこいものを食べたりすると、次の日には必ずと言っていいほど白斑ができる様になってしまい、必死に授乳をして詰まりを解消する必要があります。

ひどいときだと乳腺炎手前まで行ってしまったときがあり、熱を持ち、腕を上げるだけでも激痛を伴ってしまったときもありました。

なので、食事も限られたものしか食べられず、しかし、母乳なので、とにかくお腹が減ります。

食べたい物が食べられないストレスで爆発しそうでした。

その時に母乳外来の助産師さんから勧められたのが、ごぼう茶です。

ごぼうちゃは詰まりかけた母乳をサラサラにしたり、おいしくする効果が特に高いそうです。

他にもタンポポ茶も紹介されましたが、より即効性があり、つまりの解消を助けるのがごぼう茶と聞き、すぐに薬局へ買いに行きました。

飲んでみると、ごぼう茶は正直癖が強く、非常に飲みにくいです。

何とも言えない泥臭さ、ご飯中に一緒に飲めるかなと思っていましたが、到底無理そうでした。

しかし、母乳が詰まるのも嫌なので我慢して飲んでみると、一週間くらいするとごぼう茶の味にも慣れてきて、おいしいとまでは言いませんが、普通に飲むことが出来るようになりました。

母乳をサラサラにする効果もばっちりで、甘いものを食べた後にごぼう茶を飲んでみると、その後も母乳が詰まることなく過ごせています。

本当にごぼう茶があって助かりました。

もし、母乳が詰まりやすくて困っている方がいたら、一度、ごぼう茶を試してみるといいと思います。

ごぼう茶は近所のスーパーやドラッグストアーでも売っていますし、通販サイトでも売っています。

(愛知県 みいさん)

>>ごぼう茶をこちらから買いました。




ごぼう茶を自分で作って、アンチエイジングをしています。

ごぼう茶を店頭でよく見かけるようになりましたが、ごぼう茶はスーパーでごぼうを買えば手軽に作ることができます。

加工済みのごぼう茶は安くても600円程しますが、スーパーでごぼうを買えば季節によって変動はありますが150円程で作ることができます。

スーパーの店頭でごぼうを買った方がお得なのでいつもごぼうを買ってきてごぼう茶を手作りしています。

ごぼう茶の作り方

まずごぼうを洗ってピーラーでスライスし、底の浅いざるや干物を作るときに使う網に広げて天日干しします。

天気が良い日は1日で乾きますが、冬やあまり陽が出ていない時は2~3日干します。

干した後はフライパンで煎るだけです。

このときにしっかり煎っておかないとお湯を注いだ時に、緑や青に変色してしまいます。

クロロゲン酸というポリフェノールが原因で変色するのですが、害はありません。

でも口に入れる物が寒色系だとちょっと敬遠してしまいますよね。

自分で飲む分には気にならないからいいやと思っていてもお客様には出しづらいです。

フライパンで煎った後は直ぐにお湯を注いで飲めます。

自分で作ったごぼう茶は香ばしくて飲みやすいです。

ごぼう茶の飲み方

麦茶のように冷蔵庫で冷やしても飲めますが、冷やすとごぼうの独特な風味が強くなるのでごぼう茶を飲みなれてからの方がいいかなと思います。

ごぼう茶の効果

ごぼう茶はアンチエイジングによいとよく言われますが、具体的にどういう変化があったのかというと、白目の濁りが無くなって本当に白目になりました。

案外、目には気がいかなくてケアも特にしない人が大半ですが、年を重ねると白目の部分が茶色く濁ります。

白目の部分が茶色く濁ると老けて見られる原因になります。

目がきれいだねと言われるようになりとても嬉しいです。

他にもごぼう茶を飲んでいて感じた事は、においがキツイ食べ物を食べてもごぼう茶を一緒に飲めばお口のにおいが気にならなくなりました。

ごぼう茶は食事の際に飲んでも邪魔にならない風味で、食事以外にも普段手軽に飲めるのでこれからも飲み続けたいと思います。

(福岡県 Tさん)

>>自分で作るのは面倒という方はこちらから買うこともできます。